深夜電力蓄熱式暖房オンドルエコノとは


深夜電力蓄熱式床暖房オンドルエコノとは、古代より利用されている床暖房工法を現代の工法で作り上げた「人と家」にやさしい画期的な床暖房です。

マグネシウムヒーターと蓄熱材(自然の砂利でヒーターをサンドイッチにする石焼きいも工法)を設置し、割安な深夜電力を利用して60~70℃まで加熱させ、深夜電力時間帯が終わった時から放熱をはじめ、蓄熱材に貯蔵した熱で床表面の温度を30℃以上に持続させる方法で、火気がなく、子供や老人にも安全で、暖かく快適な住空間を経済的に実現したシステムです。

オンドルエコノ・コントローラー

通電制御型夜間蓄熱式床暖房コントローラー

蓄熱式床暖房コントローラーは、温度センサーで蓄熱層の温度を測定し、蓄熱層をあらかじめ設定した温度に保つように、ヒーターの電源ON/OFF制御します。

温度センサーの値が設定温度になると、ヒーターの電源をOFFにして、蓄熱層が冷えてくると、ヒーターの電源を再びONにして蓄熱層を暖めます。

オール電化モデル(KDC-888)及び深夜電力モデル(KDC-777)の2種類があります。


本コントローラーは、通電制御型として東京電力より認定を受けております。