Ⅰ: ビームライフル装置貸出及び費用改定について
【重要】
  (平成30年1月23日記載)


 射撃スポーツを容易に行える環境を整え、競技人口の拡大や将来のメダリストを発掘する為に、ビームライフル装置を各自治体様・各学校様等にご購入頂いております。
 これまではビームライフル装置の普及が全国的には進んでおりませんでしたので、廉価な価格設定により貸出を行って参りました。
 しかし、現在ビームライフル装置が全国的に相当数普及している状態にあります。〔各都道府県高等学校射撃部及び射撃協会に導入済み〕
 よって、平成30年4月1日より各種競技大会や競技大会イベント等において円滑な実施を補助する為に必要と当社にて判断できる場合のみ貸出を随時行います。
 (ビームライフル競技とは関係のない一般的なイベントへは貸出できません)
 
 台数に限りがありますので予約受付順となります。
 貸出費用は下記のとおり改定させて頂きます。(改定基準日:平成30年4月1日)

   品   名  価 格 (税抜き)
〔1日使用料金〕 
         備  考
  1、ビームライフル銃     ¥5,000.-
配送料を含んでおりませんので、実費加算させて頂きます。なお配送は当社指定の宅急便にて発送となります。それ以外の個別対応は致しません。 返却の際にはお客様の元払いでお願いします。当社着払いの場合には実費加算させて頂きます。
  2、ターゲット装置   ¥10,000.-
  3、ディスプレイ装置
  4、プリンター装置
   ¥3,500.-
  5、充電器(2連用)
   ¥1,000.-
 6、充電器(4連用)
   ¥1,500.-
  7、充電器(10連用)
   ¥2,000.-
  8、バッテリー
     ¥500.-

 ※貸出品は電子部品ですので取扱いにご注意ください。
 ※返却の際には発送時の状態に戻して、返却漏れが無いか確認をしてから発送をお願いします。
   返却時の状態が乱雑な方が一部見受けられますので、ご理解ご協力の程宜しくお願い致します。


Ⅱ:ビームライフル装置修理及び費用について

 ビームライフ装置の修理及び費用については、修理品を当社へ送付して頂き、BR担当者が受付、受付順に開封・状態確認(修理)をした後、経理部にて修理費用書類を作成します。
 一般的な修理の概算費用は、①ビームライフル銃¥20,000.-②ターゲット装置¥15,000.-③ディスプレイ装置¥15,000.-となります。参考金額としてお考えください。


Ⅱ : 1979年(昭和54年)発売開始から30年間ご愛顧頂きました型式:M-79式ビーム・ライフル標的装置及び表示装置、印字装置の製品保守サービス期限について

①1992年(平成4年)以前にご購入頂きました型式:M-79式ビーム・ライフル標的装置及び表示装置、M-85式印字装置【前期型】については、すべての
製品保守 サービスを終了致しております。

※1992年(平成4年)以降にご購入頂きました型式:M-79式ビーム・ライフル標的装置及び表示装置、印字装置【後期型】については、ビーム・ライフル射撃競技普及発展・会員拡大のため、引き続き製品保
  守サービスに必要となる部品が入手可能な限り製品保守サービスを継続致します。
  
 (但し、製品保守サービス部品が入手困難となった場合は、その時点において製品保守サービスを終了とさせて頂きます。)